RDSのバックアップファイルをOSSへコピー

はじめまして。SBクラウドのソリューションアーキテクト 井浦です。

AlibabaCloudのRDSを利用していてバックアップファイルを別にとって置けたら嬉しいなぁと思い検証しました。

後、DRとか考え始めるとOSSにコピーして持っておけると便利かなぁと思ったりしました。

下図が目標

手順1.〜2.での対応

 

  1. RDSインスタンス作成

RDS コンソールを開く
コンソールへログインして上部の「プロダクトとサービス」から「Apsara for RDS」を選択する。

RDSインスタンス作成
日本リージョンを選択し「インスタンスを作成」をクリック

購入の際は、サブスクリプションか従量課金かの選択に注意して要件にそって購入します。

2. RDSのバックアップ

RDSのバックアップファイルの確認

RDSインスタンスの管理コンソールを開く
RDSコンソールからインスタンスの「管理」をクリック

RDSバックアップの管理コンソールを開く
左ペインの「バックアップとリカバリ」をクリックする

RDSバックアップファイルのVPC内のURLリンク(認証付き)を確認
対象バックアップファイルの「ダウンロード」をクリックする

同一VPC内にコピーをするので「イントラネットアドレスをコピーする」

【補足】RDSのバックアップについて
RDSインスタンスを作成すると自動でバックアップが作成される。
デフォルトは毎日13時〜14時にバックアップを実施する。SQLserverはフルと増分を繰り返す仕様になっている。
詳しくは以下の参考URLを参照。
参考[RDS データのバックアップ]:https://jp.alibabacloud.com/help/doc-detail/26206.htm?spm=a21mg.l28256.b99.141.225b7d17sqDELF

 

手順3.〜5.での対応

 

3. OSS作成

OSS管理コンソールを開く
コンソールへログインして上部の「プロダクトとサービス」から「Objet Storage Service」を選択する。

 

バケット(ファイルの容れ物)を作成
「バケット作成」をクリックする

 

バケットの確認
OSS管理コンソールの左ペインに作成したバケット名が表示されるのでクリックし内容を確認してみる。

 

4. OSSFSを導入設定
今回は、RDSのバックアップ先にOSSを選択するがOSSFSを利用する。
OSSFSはオブジェクトストレージをECS(Linux)へマウントするツール。

OSSFSをインストール


# wget https://github.com/aliyun/ossfs/releases/download/v1.80.3/ossfs_1.80.3_centos7.0_x86_64.rpm
~snip~
`ossfs_1.80.3_centos7.0_x86_64.rpm' へ保存完了 [1149462/1149462]

# yum localinstall ossfs_1.80.3_centos7.0_x86_64.rpm 
読み込んだプラグイン:fastestmirror
~snip~
完了しました!

# echo <OSS名>:<AccessKeyID>:<AccessKeySecret> /etc/passwd-ossfs
# chmod 640 /etc/passwd-ossfs

参考[SBクラウド:OSSFSによるOSS as FileSystem]:https://techblog.sbcloud.co.jp/2018/01/16/oss-as-local-filesystem/

OSSのマウント
マウントポイントとして「/var/tmp/ossfs」を作成しマウント

# mkdir /var/tmp/ossfs

# ossfs <oss名> /var/tmp/ossfs -ourl=oss-ap-northeast-1-internal.aliyuncs.com

 

アンマウントは以下

# fusermount -u /var/tmp/ossfs

 

 

5. OSSへバックアップファイルをコピー

OSS(OSSFS)へバックアップファイルをダウンロード
ダウンロードファイルのURLは、手順2.でコピーしたバックアップファイルのURLを利用

# curl -O "http://rdsbakbucket-japan.oss-ap-northeast-1-internal.aliyuncs.com/custins***/hins***.zip?OSSAccessKeyId=***=***&Signature=***"

 

VPNソフトウェアOpenswanをご紹介!

こんにちは。SB Cloud ソリューションアーキテクトのMIです。

最近VPN通信を利用した環境を低コストで簡単に導入したいとのご要望を受けることが多くなってきましたので、オープンソース・ソフトウェアを利用した環境設定についてご紹介します。

オープンソース・ソフトウェアとしてメジャーなSoftEtherもありますが、今回はお客様先のJuniperルータがSoftEtherのプロトコルに適用していない環境であった事もあり、Openswanを利用した環境についてご説明していきます。

OpenswanはLinux向けに開発されたIPsec機能を実装するオープンソース・ソフトウェアです。Openswanでインターネットを経由し、異なるネットワーク間をIPSecで接続する環境を構築できます。

“VPNソフトウェアOpenswanをご紹介!”の続きを読む

Server Load Balancer(SLB)のよくあるQ&A

皆さん、こんにちは。エンジニアのryuです。今回はみんなさんよく知っている製品SLBのお話です。中国のコミュニティで良くまとまっている記事があったのでご紹介させて頂きます。

Server Load Balancer(以下、SLB)を利用することで、単一のECSのサービスへの影響が軽減され、可用性が向上します。同時に、バックエンドサーバーを動的に調整することにより、ビジネス開発にも動的に対応することができるようになります。

この記事では、SLBのよくあるQ&Aや一般的な落とし穴についてご紹介します。 “Server Load Balancer(SLB)のよくあるQ&A”の続きを読む

国際サイト→日本サイトへのECSイメージ移行

こんにちは、SBクラウドのKSです。
今回ご紹介するのは国際サイトから日本サイトへのECSイメージの移行です。

どんな場面を想定しているかというと、、、
「日本サイトではまだリリースされていないプロダクトでも、国際サイトではリリースされていて早く使ってみたい!!そして、リリースされたら日本サイト(日本語対応)でそのまま使いたい!!」
という場合などがあるかと思います。 “国際サイト→日本サイトへのECSイメージ移行”の続きを読む

NAT Gatewayがリリースされました!

皆さんこんにちは。SB Cloud の Crane です。

新サービス「NAT Gateway」がリリースされました。NAT Gateway を使うことで、グローバルIPを持たないプロダクトをインターネットと繋げることができます。

例えば、WindowsUpdateやアンチウイルスソフトのパターンファイル更新など、グローバルIPを持たないインスタンスをインターネットに接続しなくてはならない時があります。
このような時に NAT Gateway を活用することでネットワークの構成を大きく変えることなく、一時的に必要なインターネットアクセスを確保できます。

“NAT Gatewayがリリースされました!”の続きを読む

クラウドアカウントのセキュリティ管理

皆さん、こんにちは。エンジニアのMiyaです。

先日、Alibaba Cloud Japanユーザコミュニティ(AliEaters)第2回目が開催されました。もちろん中国本土でもコミュニティの活動は活発で、日々様々なテーマの記事がコミュニティサイトに書かれています。今回はその中でも気になった、アカウントのセキュリティについて書かれた記事をご紹介したいと思います。

“クラウドアカウントのセキュリティ管理”の続きを読む

操作履歴を記録するActionTrailを試してみた

皆さん、こんにちは。エンジニアのMiyaです。

AlibabaCloudのリソースを管理する際に、誰がどんな操作をしたかわからず、困ったことはないでしょうか。今回はユーザーの操作した内容を記録できるActionTrailの機能と操作方法をご紹介したいと思います。

“操作履歴を記録するActionTrailを試してみた”の続きを読む

Resource Orchestration Serviceを使ってみた

初めまして、SB Cloud の Crane です。初めてのテックブログの投稿します。どうぞよろしくお願い致します。

Alibaba Cloud を使ってリソースをたくさん作るようになると、リソース全体の管理が大変になったり、同じインスタンスを時間を掛けずに複製しなければいけない場面に遭遇することが多くなりますよね。
そんな場面で役に立つのが Resource Orchestration Service です。 “Resource Orchestration Serviceを使ってみた”の続きを読む