Alibaba Cloudの高性能を示す「377秒で100TB」って何?

はじめまして。エンジニアのしま☆りんです。最近好きなものは楕円曲線暗号です。今回は「377秒で100TB」についてのご紹介です。

「377秒で100TB」

さて。Alibaba Cloudのハイパフォーマンスの紹介として、この「377秒で100TB」っていうメッセージを目にされた方も少なくないと思います。

ぱっとこの数字を見せられても、何が凄いんだ、って思いますよね。ええ。きっと。

まず、この数字は何かというと、sort benchmarkです。

http://sortbenchmark.org/

2015年の結果のところに、Alibaba Groupが取り組んだ結果として、以下のレコードが記載されています。

これです。「100 TB in 377 seconds」。秒間にして265GBのソート処理を行っています。資料を見ると、Fuxi、Panguといったソフトウエアコンポーネントが使われていることがわかりますが、これらがAlibaba Cloudを支えるApsara Platformのコアテクノロジになっています。

単純に、この性能のコンピューティング環境が使えるというわけではありませんが、Alibaba Cloudはこういったハイパフォーマンスなプラットフォームに支えられたサービスなのです。

ちなみに、Alibaba Cloudは2016年のレコードも持っています。Cloud部門です。

100TBソート処理を行うのに、いくらかかったか、という指標になります。ここで使われているECSはecs.n1.largeという、中程度の規模の仮想サーバーです。本日時点の香港のプライスを見ると、1時間あたり50円弱、394台でも18,800円程度。つまり、1時間2万円かからない程度のコストで、これだけのコンピューティングパワーが手に入れられるということです。これもパブリッククラウドの醍醐味です。

Alibaba Cloudはコンピューティング分野でこういった様々な取り組みを行っています。中国での活動が多いのですが、我々もAlibaba Cloudサービスを通して、その恩恵を様々な形で享受することができるのです。

Alibaba Cloudはいかがですか

以上、Alibaba Cloudの高性能プラットフォームのお話でした。Alibaba Cloudは中国に強い、っていう印象はあるかと思いますが、もちろん中国最先端のテクノロジ企業として、技術面でも優れた特長を持っています。是非、多くの皆様に、この新しいクラウドサービスを試してみて頂きたいなぁと思っています。

この記事をシェアする