ECSのLinuxインスタンスにGUIでアクセスしてみる

初めまして、SBCloudのE.Kです。初めてのテックブログの投稿ですので、よろしくお願いいたします。

セキュリティなど色々な理由で、Linux踏み台ECS経由でVPC内部のECSを色々操作する時はたまたまありますね。そして、この時は、時々、CUIだけではもの足りなく、GUIが欲しい時もありますね。

そして、今回はこの状況を簡単に打開する二つの方法について、書かせていただきます。

方法1:VNC クライアント経由

VNC(Virtual Network Computing)とはネットワーク上の離れたコンピュータを遠隔操作するためのRFBプロトコルを利用して、GUIで接続できるソフトウェアです。

CentOS7 tigervnc を例として手順を紹介させていただきます。

1. VNCサーバーのインストールする

yum install -y     tigervnc-server

2. VNCサーバーの各種設定

/lib/systemd/system/vncserver@.serviceファイルでパラメータを編集して設定することができます。(以下は新規購入したECSデフォルトの状態を前提としての手順です。)

まずファイルを開く。

vim /lib/systemd/system/vncserver@.service

ファイル内の以下のところに移動して、

ExecStart=/sbin/runuser -l -c "/usr/bin/vncserver %i"
PIDFile=/home//.vnc/%H%i.pid

これを下のように、

ExecStart=/sbin/runuser -l root -c "/usr/bin/vncserver %i"
PIDFile=/home/root/.vnc/%H%i.pid

変更して、セーブする。(もっと詳細な設定はこちらでご覧ください)

そしてセッティングファイルを/lib/systemd/system/vncserver@:1.service変更してsystemd再起動し、設定を有効化にする。

mv /lib/systemd/system/vncserver@.service /lib/systemd/system/vncserver@:1.service systemctl daemon-reload

パスワードも設定しておく。

vncpasswd

(Option) 起動時に自動実行させる。

systemctl enable  vncserver@:1.service

サービスを起動する。

systemctl start vncserver@:1.service

psコマンドでvncサーバーが動いているのを確認できるはず

ps -ef | grep vnc

そして、気持ちよく、realvnc viewerなど自分の好きなvncクライアントで接続してみるとGUIが出てきます。

*セキュリティグループも相応のポート番号を開いてください

方法2:Webコンソール上のVNC経由

実際は方法1より簡単な方法もございます。クラウドコンソール上のVNCを利用してもGUIに簡単にアクセスすることができます。とても忙しい人向けの方法です。

どのぐらい簡単というと:

CentOS7:

yum groups install "MATE Desktop"
yum groups install "X Window System"
systemctl  set-default  graphical.target
reboot

Ubuntu:

apt-get install x-window-system-core
apt-get install gnome-core 
apt-get install gdm
startx

GUIをインストールだけでいいです。コンソール上のVNCにアクセスすれば、GUIが見られます。

*コンソール上のVNCはウェブブラウザとの相性が悪い時もあります。

まとめ

今回は二つのLinux ECSにGUIでアクセスできる方法を紹介しました。クラウドサーバーは普通CUIで十分ですが、「GUIが欲しいな」の時はぜひ以上の二つの方法(または以外)を使ってください。

 

この記事をシェアする