Alibaba Cloudの認定試験、ACPを受けてきた

こんにちは、エンジニアの森です。Alibaba Cloudにも認定試験があるの知っていましたか? 10/18 ~ 10/20に弊社のエンジニア達で、Alibaba Cloudの公式トレーニングと認定試験(通称ACP)を受けてきたので、早速ご報告です。

まず、気になる結果から。。。
「合格」しました!

せっかくなので認定証とともに写真撮影。

そもそも、ACPとは?

ACPとは「Alibaba Cloud Professional」の略称で、Alibaba Cloudの認定試験のことです。ACPの中にもいくつか種類があるのですが、今回はその中で一番メジャーである「Elastic Computing」というコースのことを指してます。
もともと、中国本土でこの試験を実施していて、最近海外向けにも試験が受けられるようになりました。

試験勉強、対策はどうすれば?

我々は日常の業務でAlibaba Cloudを触っているので、もちろん特に試験勉強という試験勉強はしませんでしたが、受験してみて以下をおさえるとよさそう、と思ったのでまとめました。

トレーニング

Alibaba Cloudに関するトレーニングも弊社で行っています。Alibaba Cloudとはからはじまり、各プロダクトの特徴やユースケースを中心に講義を行います。
受けたい方はぜひご連絡ください。

おさえるべきサービス

まず、Alibaba Cloudもさまざまなサービスがありますが、ACPを受験にするにあたっては主に次のサービスをおさえておきましょう。

  • ECS(仮想サーバ)
  • AutoScaling
  • SLB(ロードバランサ)
  • RDS(データベース)
  • VPC(仮想ネットワーク)
  • OSS(オブジェクトストレージ)
  • CDN
  • Anti-DDoS
  • CloudMonitor

役立つ情報ソース

一番は上のサービスを一通り自分の手で触ってみることをおすすめします。現在(2017年11月2日現在)、2万円分のクーポンでトライアルすることもできるので是非活用しましょう。
クーポンGet: https://jp.alibabacloud.com/campaign/coupon-freetrial

あとは以下のドキュメントを読むことをおすすめします。
日本語ドキュメント: https://jp.alibabacloud.com/help
セミナー資料: https://www.slideshare.net/sbcloud/presentations

英語

試験は120分100問ですべて英語です。(今後日本語化も検討中)
英語をある程度早く読むことに慣れていないときついところがあります笑
おすすめは、Alibaba Cloudのドキュメントを英語で読んでおくこと。
英語ドキュメント: https://www.alibabacloud.com/help

あとは、もしAWSの認定試験も考えているならば模擬試験を英語で受けるなどがいいと思います。ちなみに、私は英語で試験受けるのが怖すぎてAWSのソリューションアーキテクトの模擬試験を英語で受けて練習したりしてました(笑)

心構え

ACPの試験はもともとは中国の試験ということもあり、たまに選択肢に日本人が知らないようなソフトウェアの名前が含まれていたりします。どうしてもわからないときには潔く諦めましょう。

問題自体はそれほど難易度が高いわけではないので、悩みすぎずできる問題を解くように心がけるといいです。

受けたい!という方へ

ACPの受験したい、Alibaba Cloudのトレーニングに興味がある!というかた是非下記からお問い合わせください。
お問い合わせ: https://krs.bz/sbcloud/m/contact_jp

 

さあ、みなさんもAlibaba Cloud Professionalを目指しましょう!

この記事をシェアする