Contaniner Service for Kubernetes(β)をリリースしました

ソリューションアーキテクトの森です。
この度、Alibaba Cloudの日本サイトにてContainer Service for Kubernetesをリリースしましたので簡単にご紹介いたします。こちらまだβ版ではありますが、日本リージョンでも利用できますのでご注目いただければと思います。

Alibaba Cloud Container Service

Container ServiceはAlibaba Cloud上でコンテナ化したアプリケーションをデプロイ、運用できるサービスです。実は、Alibaba CloudのContainer Serviceは2種類ありまして、SwarmモードとKubernetesモードの2つをサポートしています。
今までは、日本サイトではSwarmモードのみの提供でしたが、先日Kubernetesモードのサポートを開始いたしました。

Container Service for Kubernetes

Container Service for Kubernetesは、2017 年に Certified Kubernetes Conformance Program で認定されており、ネイティブKubernetesで利用しているツールやプラグインともちろん組み合わせて利用することが可能です。

現在、サポートしているリージョンは下記のとおりです。
日本リージョンをサポートしている点は個人的にも嬉しいポイントです。

  • 日本(東京)!!!!
  • シリコンバレー
  • バージニア
  • 香港
  • クアラルンプール
  • 北京
  • 杭州
  • 上海
  • 深セン
  • 張家口

Container Service for Kubernetesの特徴

Alibaba CloudのマネージドサービスKubernetesでは下記あたりを特徴としています。

  • Alibaba Cloudのプロダクトと連携
    • プライベートネットワークはVPCを利用
    • ロードバランサにはマネージドサービスだるSLBを利用
    • データボリュームは、ブロックストレージやオブジェクトと連携可能
    • ログデータはAlibaba Cloud LogServiceと連携可能
    • など
  • Kubernetes versionは1.9.7をサポート(2018/6/8現在)
  • クラスターのアップグレード機能をサポート
  • ノードのカスタムイメージサポート(CentOSであればカスタムイメージをサポート)

今回は簡単なリリースご報告ですが、今後もっとディープな内容を準備予定です。
ぜひ、Kubernetesにご興味ある方、お試しいただければと思います。

この記事をシェアする