サポートセンターFAQ ~ ECS編 その2 制限事項 ~

こんにちは、SBクラウドのSCです。

「サポートセンターFAQ ~ ECS編 その1 トラブルシュート ~」に引き続き、はサポートセンターに寄せられるECS関連のご質問の中から、よくあるものをご紹介いたします。
今回はECSの制限に関するFAQです。
皆様のAlibaba Cloud ご利用の一助となれば幸いです。

 

Q : 従量課金ECSインスタンスが作成できません。

<Answer>

ECS(従量課金)の1アカウントの保持数の上限を超えてECS(従量課金)を作成することはできません。
コンソールにて保持しているECS(従量課金)数を確認し、不要なECS(従量課金)を削除してください。
また、ECS(サブスクリプション)には1アカウント毎の保持数の上限がありませんので、ECS(サブスクリプション)のご利用もご検討いただけますと幸いです。

※2018年9月時点では、1アカウントのECS(従量課金)の保持数上限は50vCPUまでとなっております。

 

Q : 従量課金ECSインスタンスの保持上限数を上げたいです。

<Answer>

2018年9月時点では、1アカウントのECS(従量課金)の保持数上限は50vCPUまでとなっております。

上限の引き上げが必要な場合がございましたら、チケットから起票してください。
チケットを受領後、審査させていただいた上で上限値を変更いたします。詳細は参考ドキュメントをご参照ください。

参考ドキュメント:制限事項

 

Q : コンソール上でECSのパブリックIPの帯域幅は変更できますか。

<Answer>

パブリックIPをEIPに変更することで最大200Mbpsまで帯域幅の変更が可能になります。
ECSコンソールで対象のECSインスタンスの「詳細」から「パブリックIPからEIPに変換」を選択することで、 パブリックIPのIPアドレスを引き継いでEIPへ変更されます。
EIP作成後は、EIP単体としても保持時間、トラフィックにより課金が発生しますのでご注意ください。

※2018年9月時点では、ECSにバインドされているEIPにつきましては、EIP単体としての保持料金は発生せず、トラフィックに対してのみ従量課金となります。

参考ドキュメント:EIPの帯域幅を変更

 

Q : 25番ポートを使用してECS上にメールサ―バーを構築できますか。

<Answer>

Alibaba Cloudで提供するIPアドレスからのメール送信品質を強化するため、25番ポートから直接メールを送信することはできません。また、ECS インスタンスには、汎用的なメールサーバー(MTA)を構築することはできません。
しかし、第三者の SMTP メール送信サービスを利用する場合で他のポート(465番、587番)で代替できない場合に限り 25 番ポートの解除申請が可能です。

参考ドキュメント:ECS で SMTP(25番ポート)を使用する際の注意事項

この記事をシェアする