E-MapReduceでMapReduceジョブを実行する

こんにちは、Kouです。

みなさま、先日E-MapReduceのMetaServiceをご紹介致しましたが、今回引き続きMetaServiceを利用しつつ、E-MapReduceでMapReduceジョブの実行方法をご紹介させて頂きたいと思います。

  • 前提
  • EMR-3.16.0
  • クラスタータイプは Hadoop
  • ハードウェア構成(Header)はecs.sn1ne.2xlargeを1台
  • ハードウェア構成(Worker)はecs.sn1ne.2xlargeを3台
  • 言語はJava 1.8.0_171
  • WordCountジョブの実行

ここで気をつけなければいけないのは、オンプレミスのHadoop環境と違い、処理用のJavaプログラムと入力データの用意を全てOSS上で行う必要がありますので、まず、ローカルで処理用ソースをコンパイルして、maven系などのコマンドでjarファイルを作成します。

import java.io.IOException;
import java.util.StringTokenizer;
import org.apache.hadoop.conf.Configuration;
import org.apache.hadoop.fs.Path;
import org.apache.hadoop.io.IntWritable;
import org.apache.hadoop.io.Text;
import org.apache.hadoop.mapreduce.Job;
import org.apache.hadoop.mapreduce.Mapper;
import org.apache.hadoop.mapreduce.Reducer;
import org.apache.hadoop.mapreduce.lib.input.FileInputFormat;
import org.apache.hadoop.mapreduce.lib.output.FileOutputFormat;
import org.apache.hadoop.util.GenericOptionsParser;

public class EmrWordCount {
    public static class TokenizerMapper
            extends Mapper<Object, Text, Text, IntWritable>{
        private final static IntWritable one = new IntWritable(1);
        private Text word = new Text();
        public void map(Object key, Text value, Context context
        ) throws IOException, InterruptedException {
            StringTokenizer itr = new StringTokenizer(value.toString());
            while (itr.hasMoreTokens()) {
                word.set(itr.nextToken());
                context.write(word, one);
            }
        }
    }
    public static class IntSumReducer
            extends Reducer<Text,IntWritable,Text,IntWritable> {
        private IntWritable result = new IntWritable();
        public void reduce(Text key, Iterable<IntWritable> values,
                           Context context
        ) throws IOException, InterruptedException {
            int sum = 0;
            for (IntWritable val : values) {
                sum += val.get();
            }
            result.set(sum);
            context.write(key, result);
        }
    }
    public static void main(String[] args) throws Exception {
        
        Configuration conf = new Configuration();
        String[] otherArgs = new GenericOptionsParser(conf,    
                 args).getRemainingArgs();
        if (otherArgs.length < 2) {
            System.err.println("Usage: wordcount <in> [<in>...] <out>");
            System.exit(2);
        }
        
        Job job = Job.getInstance(conf, "word count");
        job.setJarByClass(EmrWordCount.class);
        job.setMapperClass(TokenizerMapper.class);
        job.setCombinerClass(IntSumReducer.class);
        job.setReducerClass(IntSumReducer.class);
        job.setOutputKeyClass(Text.class);
        job.setOutputValueClass(IntWritable.class);
        for (int i = 0; i < otherArgs.length - 1; ++i) {
            FileInputFormat.addInputPath(job, new Path(otherArgs[i]));
        }
        FileOutputFormat.setOutputPath(job,
                new Path(otherArgs[otherArgs.length - 1]));
        System.exit(job.waitForCompletion(true) ? 0 : 1);
    }
}

次は、前の手順で準備したjarファイル(mr_job-2.0.jar)及び入力データ(test.txt)をOSSにアップロードします。test.txtデータの内容は以下となります。

Alibaba Cloud offers a integrated suite of cloud products and services 
that are reliable and secure to help you build cloud infrastructure,
data centers in multi regions empower your global business

ジョブのデプロイにおいては、E-MapReduceのデータプラットフォームで行いますので、作業用のMRジョブを作成しました。ジョブの出力先は入力データと同じバケットのoutputディレクトリを指定しています。

上記画面の「実行」ボタンを押すと、ジョブの実行が始まります。ジョブの実行中のログを即座で確認することができます、またエラーが発生した場合も、ランタイムログでエラーメッセージを確認できます。

ジョブの処理結果がOSSに出力されますが、今回のReducerを事前に1つにしたので、出力ログ(part-r-00000)が1つとなります。

出力ログ(part-r-00000)をローカルにダウンロードして開くと、以下の結果となり、テキストファイルの単語数をきちんと数えてくれました。

Alibaba	1
Cloud	1
a	1
and	2
are	1
build	1
business	1
centers	1
cloud	2
data	1
empower	1
global	1
help	1
in	1
infrastructure	1
integrated	1
multi	1
of	1
offers	1
products	1
regions	1
reliable	1
secure	1
services	1
suite	1
that	1
to	1
you	1
your	1
  • 最後

いかがでしたでしょうか。MapReduceジョブの実行方法の雰囲気をつかんでいただけましたでしょうか。今後とも、E-MapReduceの実際の利用例を皆さんに紹介していければと考えております。

この記事をシェアする