【特別企画】SBクラウドのエンジニアがクラウドマスターに!合格記念にレバレジーズ 木下さんとの対談も。

スイッチ難民こと、広報の齋藤です。

現代のリアルガチャ、ニンテンドースイッチは手に入れましたか?
先日とある家電量販店Yにて、猛暑の中2時間並んだあげく、抽選漏れするという快挙を成し遂げました。
(一緒に並んだ友人は当選してました。。)

さて、先日、さくらインターネットさんとteratail(運営:レバレジーズさん)の共同企画で「クラウドマスター認定試験」が開催され、当社クラウドアーキテクトの森さんが試験に合格しました。

また、合格者約350名の中から抽選で10名限定の特別プレゼントにもまさかの当選。せっかくなのでプレゼントの受け渡しを兼ねて、teratailの運営会社であるレバレジーズの木下さんにインタビューの依頼をしたところ快諾いただいたので、プレゼント授与式&記念対談を開催しました。以下に当日の様子をお届けします。

“【特別企画】SBクラウドのエンジニアがクラウドマスターに!合格記念にレバレジーズ 木下さんとの対談も。”の続きを読む

Mackerelを使ったAlibaba Cloud監視ソリューション

システムを運用する場合には第三者の監視サービスを利用してシステムをコントロールする方法がよく使われます。メリットとしてはハイブリッド環境やカスタム監視が可能ですし、災害などの突発状況でも分かれた地域から常に監視できるなどがあります。本記事では、サードパーティ監視サービスMackerelを使ってAlibaba Cloudをモニタリングする方法をご紹介します。

“Mackerelを使ったAlibaba Cloud監視ソリューション”の続きを読む

ECSで簡単にリージョン間のVPN通信を実現する方法

SBクラウドの telescreen です。今回はリージョン間のVPN通信を実現する方法について書きたいと思います。

そもそも問題は何?

複数なリージョンを渡るサービスを運用すると、必ずデータ同期やリージョン間のAPI呼び出しなどのような問題が出てきます。重要なデータや内部のAPIの呼び出しの場合だと、公共なインターネットではなく安全な通信環境で行いたいですね。こんな時には、リージョン間のVPN接続環境を構築すれば良いです。

“ECSで簡単にリージョン間のVPN通信を実現する方法”の続きを読む

ECSのLinuxインスタンスにGUIでアクセスしてみる

初めまして、SBCloudのE.Kです。初めてのテックブログの投稿ですので、よろしくお願いいたします。

セキュリティなど色々な理由で、Linux踏み台ECS経由でVPC内部のECSを色々操作する時はたまたまありますね。そして、この時は、時々、CUIだけではもの足りなく、GUIが欲しい時もありますね。

そして、今回はこの状況を簡単に打開する二つの方法について、書かせていただきます。

“ECSのLinuxインスタンスにGUIでアクセスしてみる”の続きを読む

Alibaba Cloud上でSendGridのWeb APIを使ったメール送信方法

はじめまして。SBCloudエンジニアの南(cjnan)です。今日からエンジニアの色々についてブログを書き始めたいと思います。

本記事では、Alibaba Cloud ECSからメールを送信する際の注意点や、ベストプラクティスやについてご紹介します。Alibaba CloudではOP25Bを実施し、インターネットへのSMTP(25番ポート)が制限されています。そこで、ECSサーバからメール配信する方法は主に次の2つがあります。

  1. 外部のメール送信サービスを利用する(SMTP利用)
  2. 外部のメール送信サービスを利用する(WebAPI利用)

本記事は外部のメール配信サービスを利用したWebAPIでのメール送信方法を紹介します。 “Alibaba Cloud上でSendGridのWeb APIを使ったメール送信方法”の続きを読む

Alibaba Cloud ECSからのメール送信について

はじめまして。SBCloudエンジニアの南(cjnan)です。今日からエンジニアの色々についてブログを書き始めたいと思います。

本記事では、Alibaba Cloud ECSからメールを送信する際の注意点や、ベストプラクティスやについてご紹介します。ECSサーバからメール配信する方法は主に次の3つがあります。

  1. ECSにMTAを構築してメールの配信環境を作る
  2. 外部のメール送信サービスを利用する(SMTP利用)
  3. 外部のメール送信サービスを利用する(WebAPI利用)

“Alibaba Cloud ECSからのメール送信について”の続きを読む

クラウド上でMongoDBクラスタを構築する方法

オンプレミス環境では、サーバー調達から物理作業まで完成しないとミドルウェアの構築作業が進められません。その一方、クラウド環境では、ボタンを押すだけでネットワークからサーバーまで短時間で準備できるため、スケーラビリティのあるミドルウェアを簡単に構築できます。そして、「Infrastructure as Code」で、ボタンも押す必要がなくなりました。設定ファイルを記述することでサーバーやネットワーク構成が自動的に構成されるようになり、コマンドを実行するだけでミドルウェアが自動的にできてしまいます。

クラウド及び「Infrastructure as Code」のメリットを紹介したいため、Alibaba クラウド上でTerraformを用いてMongoDBを構築手順について書きます。

“クラウド上でMongoDBクラスタを構築する方法”の続きを読む