「Alibaba Cloud 見積りツール」の使い方

こんにちはエンジニアのcjnanです。

この度、SBクラウドでは、「Alibaba Cloud 見積りツール」をリリースしました。
本記事は、見積りツールの概要と使い方について記述します。
また、見積りツールの開発秘話やアーキテクチャなどついても記事を作成中ですので、後日公開したいと思います。
“「Alibaba Cloud 見積りツール」の使い方”の続きを読む

クラウドにバックアップ!Alibaba Cloud対応の「Commvault」を動かしてみた

エンジニアのすずきです。
さて、今回はデータバックアップのお話です。

企業内の大切なデータのバックアップ先と言えば、従来は外部ストレージ装置やテープ装置でしたが、 クラウドが一般的に使われるようになったここ最近では、 クラウドのストレージが採用されることも増えてきました。
設備や運用のコスト面や導入の便利さ、バックアップ対象の増減や保管年数などの要件変更などにも柔軟に対応しやすいのがクラウドのストレージの強みと言えると思います。

クラウドといえばAlibaba Cloud。
SB Cloudにもオブジェクトストレージの「OSS」という、バックアップ先に最適なプロダクトが用意されています。
というわけで、今回はこのOSSに対応した 「Commvault」というバックアップ製品を簡単に動かしてみましたので、ご紹介します。
インストール手順書も公開しますので、ぜひ触ってみてください。
“クラウドにバックアップ!Alibaba Cloud対応の「Commvault」を動かしてみた”の続きを読む

メモリキャッシュならApsaraDB for Redisがある

ApsaraDB for Redisとは?

Redisは高速なインメモリ型のキーバリューストアです。Redisには、多目的なデータ構造を用意されているため、様々なアプリケーションパターンを簡単に実装することができます。HyperLogLogをはじめ、多種なデータ構造をキャッシュやクラスタなどのような最先端のユースケースを対応するため、Redisはウェブアプリケーションから、モバイル、ゲーム、IoTアプリケーションでよく採用され、現在では、もっとも人気があるキーバリューデータベースとなっています。Alibaba クラウドでも、ApsaraDB for Redisという完全なマネージド型の最適化されたRedisデータベースを提供しています。

“メモリキャッシュならApsaraDB for Redisがある”の続きを読む

AWS Route53を使った日中間GEO DNSソリューション

1. はじめに

SBクラウド エンジニアの南(cjnan)です。
最近、旅行関連のWebサービスを稼働中のお客さんから、下記のようなご相談をいただいたので、みなさまにも共有したいと思います。

お客様:「現在稼働中のWebサービスが最近好調でアクセス数が増えてきている。調べたてみたら、どうやら中国からのアクセスが多い様子。そこで、中国にもサーバを新設しようと検討しているが、できれば日本と同じURLで稼働させたい。こんなことできますか?

グローバルのWebサービスを展開する時、よくあるパターンとして、各地域にサーバを設置し、ホスト名を別々にするパターンがありますが、UX(User experience)的にもよくないです。

そこで、この課題を解決する方法として、今回はクラウドでWebサーバのGEO DNSソリューションを紹介します。

“AWS Route53を使った日中間GEO DNSソリューション”の続きを読む

サードウェア主催のDR×クラウドのイベントで登壇してきました

エンジニアの森(@mosuke5)です。
8月29日にサードウェアさん主催のセミナー「OSS+クラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~『止められないシステム』『消えてはいけないデータ』をアクシデントから守る方法」に登壇してきましたので早速ご報告です。クラウドを利用したDRの考え方についてご紹介します。

“サードウェア主催のDR×クラウドのイベントで登壇してきました”の続きを読む

内部SLBでシステム可用性を向上

小規模サービスでもクラウドロードバランサーを使用する5つの理由

この前の記事で紹介した通り、単純なサービスを運用してもロードバランサーを使用するメリットは様々あります。ところで、Alibabaクラウドのロードバランサー (SLB) サービスは外部からのアクセスを分散するインターネットSLBの他、イントラネットSLB (内部SLB) も提供しています。この記事は内部SLBが解決する問題について書きたいと思います。 “内部SLBでシステム可用性を向上”の続きを読む

小規模サービスでもクラウドロードバランサーを使用する5つの理由

シンプルなサービスやアクセス頻度が高くないサービスでは、よく1台のECSサーバーで運用される場合が多いですね。「負荷懸念がないからロードバランサーが不要」と思っている人が少なくないて思いますが、実はWebサーバーの前段にSLB (Server Load Balancer) を置くメリットが多いです。この記事では、このメリットについてまとめたいと思います。

“小規模サービスでもクラウドロードバランサーを使用する5つの理由”の続きを読む