データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(PyODPSでデータ処理編)

こんにちは。ソリューションアーキテクトのkouです。以前TianChiの紹介編実践編をご紹介させて頂きましたが、今回TianChiシリーズの最終編(データ処理)に関して、まとめていきたいと思います。

過去の記事は以下の通りです。

データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(紹介編)

データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(実践編)

“データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(PyODPSでデータ処理編)”の続きを読む

この記事をシェアする

データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(実践編)

こんにちは。ソリューションアーキテクトのkouです。前回TianChiの紹介編の話をさせて頂きましたが、今回は実際のコンぺを交えながら、データのダウンロード・前処理・訓練・予測・提出までの一連の流れをご紹介させて頂きたいと思います。
“データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(実践編)”の続きを読む

この記事をシェアする

データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(紹介編)

こんにちは。ソリューションアーキテクトのkouです。初めての投稿ですが、今回皆さんにTianChiを紹介させて頂きたいと思います。
データサイエンティストのコンペティションとよばれるTianChiに自分が挑んでみたので、それについて全3回でご紹介していきます。

TianChi(天池)とは?

Alibaba が2014年に設立され、企業や政府機関が実世界で直面している課題及びデータセットを投稿し、世界中のデータサイエンティストが最適なモデルを目指し、各々予測モデルを構築し、予測結果を提出します。採点された予測結果が上位順に掲載され、入賞者に賞金を支払うコンペティションプラットフォームです。

“データサイエンスコンペ TianChiに挑む!(紹介編)”の続きを読む

この記事をシェアする